展示イベント案内

イベント

2015年12月20日〜12月20日
【満席】竹宮惠子のマンガ道~描く・見せる・教える~

「風と木の詩」 (C)竹宮惠子

★お申し込みが定員に達しましたので、受付を締め切らせていただきます。
[11/23 19:00]

『描く!』マンガ展 開催記念トークイベント

竹宮惠子のマンガ道

~描く・見せる・教える~

「『描く!』マンガ展」の開催を記念して、出展作家のお一人である、マンガ家の竹宮惠子先生を迎えてのトークイベントを開催いたします。

1970年代に少女マンガを革新した「花の24年組」の一人であり、「風と木の詩」「地球[テラ]へ・・・」などの代表作で広く知られる竹宮先生ですが、同時に、京都精華大学で長く教鞭をとっておられる教育者でもあります。

今回のトークイベントでは、マンガを「描く」喜びに目覚めた頃や、描いたものを人に「見せる」ための工夫、そこから得られたものなど、デビュー前のお話から、「風と木の詩」であつかった“少年愛”など、新たなジャンルを切り拓く苦心と工夫、そして、教壇に立ち、後進の描き手を育ててきた経験から見えてきたものなど、様々なお話をうかがう予定です。ぜひふるってご参加ください。

【日 時】2015年12月20日(日) 14:00~16:00

【会 場】北九州市漫画ミュージアム 6階イベントコーナー

【参加費】無料(「『描く!』マンガ展」の当日入場券が必要です)

【定 員】80名・先着順

【申 込】11月18日(水)11:00よりお電話にて承ります

 (1)「漫画ミュージアム企画係」にお電話ください。 → TEL:093-512-5077   
 (2)氏名・年齢・ご連絡先(電話番号) をお伝えください。


◆出演者プロフィール

竹宮惠子(たけみや・けいこ)
徳島県徳島市出身。1968年「リンゴの罪」が『週刊マーガレット』の新人賞に佳作入選し、正月号にてプロデビューした。1970年代初頭には後に“大泉サロン”と呼ばれる萩尾望都らとの共同生活により研鑽を積む。少女マンガに革新的な影響を与えた“24年組”を代表する一人であるが、特に少年愛をテーマとした「風と木の詩」(1976~84年)は人間ドラマの傑作として、その後の少女マンガの世界に大きな影響を与えた。以降も「地球[テラ]へ・・・」、「天馬の血族」など、SF、歴史など幅広いジャンルをテーマとした壮大な作品を発表し続け、少女マンガの幅を広げた。1979年には小学館漫画賞。同時に教育者としても優れた手腕を発揮してきた。2000年より京都精華大学マンガ学科にて教鞭をとり、2014年より同大学学長を務めている。

  • お得で楽しい年間パスポート!
  • 団体見学申込書
  • フロアマップ
  • 交通案内
  • 万5冊から探そう!蔵書検索
  • 北九州国際漫画大賞