展示イベント案内

企画展示

2016年11月5日〜2017年1月15日
メカニックデザイナー 大河原邦男展 開催!

メカニックデザイナー

大河原邦男展

2016年11月5日(土)~2017年1月15日(日)

 「タイムボカンシリーズ ヤッターマン」「機動戦士ガンダム」「装甲騎兵ボトムズ」…。誰もがあこがれ夢中になったアニメに登場する数々のロボットデザインを手がけたのが、日本初のメカニックデザイナー、大河原邦男(おおかわらくにお)です。1972年に「科学忍者隊ガッチャマン」でデビューを果たした後、「タイムボカンシリーズ ヤッターマン」「機動戦士ガンダム」「装甲騎兵ボトムズ」などの作品に次々と参加し、ロボットアニメにおける“メカニックデザイナー”という職業を世に確立しました。現在も第一線で活躍しながら、工業メーカーや地方自治体との仕事を手がけるなど、活躍の場を広げています。

 本展では、大河原によるカラーイラストやアニメの設定資料などを一堂に展示し、大河原の40年余りに渡る全仕事を振り返ります。本邦初公開の貴重な資料や描き下ろし新作も加え、大河原のデザインの真髄に迫ります。

【大河原邦男 略歴】
1947(昭和22)年東京都生まれ。東京造形大学卒業後、アパレルメーカーを経てタツノコプロ(当時竜の子プロダクション)に入社。1972年「科学忍者隊ガッチャマン」のメカデザイナーとしてデビュー。その後中村光毅とデザインオフィス・メカマンを設立し、1978年には独立。コミカルなメカからシリアスでリアルなメカまで幅広くデザインする。

◆ ◇ ◆ ◇ ◆   開 催 概 要   ◆ ◇ ◆ ◇ ◆

【会  期】2016年11月5日(土)~2017年1月15日(日)

【休 館 日】毎週火曜日(12/27、1/3は開館)、年末年始(12/31~1/2)

【場  所】北九州市漫画ミュージアム 企画展示室(あるあるCity5F)

【料  金】<企画展>
      一般 800(640)円 中高生 400(320)円 小学生 200(160)円
      <常設展 セット券>
      一般 1,000(800)円 中高生 500(400)円 小学生 250(200)円

        ※( )は、年長者施設利用証提示者、30名以上の団体の1名あたりの料金。
        ※未就学児、療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・身体障害者手帳の交付を受けた方及び 
         その引率者又は付添いの方(身体障害者の付添い人は4級以上に限る)は無料

【展示構成】第1章 メカニックデザイナーとしての黎明

      第2章 リアルロボット大フィーバー

      第3章 ヒーロー、コミック、そしてリアル

      第4章 21世紀、永遠のスタンダードへ

【イベント】情報公開しました!詳しくはこちらへ ↓↓
      [終了しました]大河原邦男先生 トークショー&サイン会
      ワークショップ「いっしょにチャレンジ!はじめてのプラモデル」

【公式HP】http://www.okawara-ten.com/
【産経ニュース特設サイト】当館学芸員によるリレーコラム連載中!
 http://www.sankei.com/feature/okawara-ten/

【主  催】北九州市漫画ミュージアム
【特別協力】アニメディア・ドット・コム、稲城市、エクスマキナ、江崎グリコ、ゴンゾ、サンライズ、
      シンエイ動画、スタジオぴえろ、創通、タカラトミー、タツノコプロ、円谷プロダクション、
      東映、名古屋鉄道、日本アニメーション、バンダイ、バンダイナムコエンターテインメント、
      吉谷機械製作所、ワコープロ
【後  援】産経新聞社
【企画協力】RKB毎日放送、アドシステム

  • お得で楽しい年間パスポート!
  • 団体見学申込書
  • フロアマップ
  • 交通案内
  • 万5冊から探そう!蔵書検索
  • 国際漫画大賞