展示イベント案内

企画展示

2017年10月7日〜12月10日
【速報】竹宮惠子 画業50周年記念展 開催決定!

(C)竹宮惠子 『風と木の詩』「ミサのあと」 2016年 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

画業50周年記念 竹宮惠子展(仮)

2017年10月7日(土)~12月10日(日)

北九州市漫画ミュージアム 企画展示室
(JR小倉駅新幹線口すぐ・「あるあるCity」5階)

「風と木の詩」や「地球[テラ]へ・・・」「天馬の血族」などで知られ、少女マンガを革新・リードしてきたマンガ家・竹宮惠子氏。京都精華大学学長など多方面で活躍され、最近では自伝エッセイ『少年の名はジルベール』も話題を呼んでいます。

今年2017年は、竹宮氏が1967年にマンガ雑誌『COM』へ「ここのつの友情」を投稿し、掲載されてから50周年にあたります。2013年秋から福岡県朝倉市に居を構えられたご縁もあって、このたび、画業50周年を記念した展覧会を当館にて開催する運びとなりました。

貴重な肉筆原稿の数々や、竹宮氏自身が技術開発を手がけた精巧な複製原画「原画’[ダッシュ]」などを中心に、画業50年のあゆみや創作の裏側をたっぷりとご覧いただきます。どうぞご期待ください!

展覧会の詳細や作家イベントについては、
決まり次第お知らせいたしますので、続報をお待ちください。
 

~・~・~・~

■竹宮惠子(たけみや・けいこ)プロフィール

 徳島県徳島市出身。1967年、マンガ雑誌『COM』に投稿作品「ここのつの友情」が掲載された後、68年「リンゴの罪」が『週刊マーガレット』新人賞に佳作入選し、正月号にてプロデビュー。70年代初頭には、後に“大泉サロン”と呼ばれる萩尾望都らとの共同生活により研鑽を積む。少女マンガに革新的な影響を与えた“24年組”を代表する一人であるが、特に少年愛をテーマとした「風と木の詩」(1976~84年)は人間ドラマの傑作として、その後の少女マンガの世界に大きな影響を与えた。
 
以降も「地球[テラ]へ・・・」や「天馬の血族」など、SFや歴史と幅広いジャンルをテーマに壮大な作品を発表し続け、少女マンガの幅を広げていった。第9回星雲賞コミック部門、第25回小学館漫画賞、第41回日本漫画家協会賞文部科学大臣賞をそれぞれ受賞。2014年には紫綬褒章を受けている。
 教育者としても優れた手腕を発揮。2000年より京都精華大学マンガ学科にて教鞭をとり、14年より同大学学長を務めている。16年、自伝エッセイ『少年の名はジルベール』(小学館)と、50年の軌跡をふりかえる「とんぼの本」『竹宮惠子 カレイドスコープ』(新潮社)、厳選複製原画集『少年の詩』と次々に刊行し、話題を呼んでいる。

竹宮惠子 公式ホームページ

  • お得で楽しい年間パスポート!
  • 団体見学申込書
  • フロアマップ
  • 交通案内
  • 万5冊から探そう!蔵書検索
  • 国際漫画大賞