新着情報

2016年02月18日
北九州市ゆかり作家の神江里見先生が逝去されました。

北九州市門司区ご出身のゆかり漫画家、神江里見先生が2月14日に逝去されました。ご享年は65歳です。

読売新聞 http://www.yomiuri.co.jp/culture/20160218-OYT1T50125.html
産経新聞 http://www.sankei.com/entertainments/news/160218/ent1602180007-n1.html

当館の開館前、諸々の許諾のお願いを差し上げましたところ、故郷に漫画の施設が作られることを喜んでくださり、様々な協力をいただきました。単行本110巻におよぶ長寿連載となった代表作「弐十手物語」をはじめ、素晴らしいお仕事の数々を偲び、謹んでお悔やみ申し上げます。

■神江里見(こうえ・さとみ)先生プロフィール

1950年生まれ、北九州市門司区出身。さいとう・たかを氏のアシスタントを経て、1973年『ヤングコミック』の「ヒモ」(原作:小池一夫)でデビュー。小池氏の主宰する劇画プロダクション「スタジオ・シップ」に所属し、小池一夫原作の作画を手がける。代表作は『週刊ポスト』に連載された「弐十手(にじって)物語」ほか、「青春チンポジュウム」「虎視耽々」など多数。近年は漫画誌『ストレンジャーソレント』にて「爆誕ツバメ」(原作:鳴二一巴)を連載中でした。

  • お得で楽しい年間パスポート!
  • 団体見学申込書
  • フロアマップ
  • 交通案内
  • 万5冊から探そう!蔵書検索
  • 北九州国際漫画大賞