ひとことブログ

2022年02月03日
(375)公開待ち遠しい「カラダ探し」 北九州市でオールロケ

★過去記事のアーカイブ掲載になります。各種情報は新聞掲載時点のものです。★

連載コラム『出会い 探検 漫画ミュージアム』第375回

『西日本新聞』北九州版 2022年1月30日(日)朝刊 14面掲載

公開待ち遠しい「カラダ探し」
北九州市でオールロケ

 「北九州フィルム・コミッション(KFC)」は2000年に発足した国内初のフィルム・コミッション組織です。他のロケ地では不可能と言われる大規模撮影を実現し、数多くの映画やドラマなどのロケ誘致に取り組んでいます。

そんな「映画の街」としても知られている北九州市で、小説、漫画ともに人気を博した『カラダ探し』(漫画・村瀬克俊、原作・ウェルザード/集英社)の実写映画のオールロケが昨秋、行われました。

 原作の『カラダ探し』は、脱出不可能な学校の中で襲い掛かる「赤い人」から逃げながら、八つに分割された友人のカラダを全部見つけるまで終わらない「カラダ探し」に巻き込まれた高校生たちの恐怖と奮闘を描いたサバイバルホラーです。携帯小説投稿サイト「E★エブリスタ」で話題となり、2014年に漫画版がデジタル漫画誌「少年ジャンプ+」にて連載されました。

ホラー作品でありがなら、人間ドラマや心理戦も入り交じり、手に汗握る展開が続きます。また、全員が死んだら同じ日の朝へ戻るという「無限ループ」の中で、次第に謎を解明する糸口が見えてくる面白さもあり、怖いけれども続きが気になってしまう作品です。

 監督は、過去にも「海猿」や「ワイルド7」、「MOZU」などの作品を北九州市でロケし、そのご縁から2012年に北九州市文化大使に任命された羽住英一郎監督です。ホラーだけでなくアクションシーンもあり、見どころ満載とのことで、今年の公開が待ち遠しいですね!

 北九州で撮影された映画の中には、漫画原作の作品も多くあります。気になるものがあったらぜひチェックしてみてください。

(図書担当 原田佳織)

=LINK=

『カラダ探し』第1話無料公開中(集英「少年ジャンプ+」

映画『カラダ探し』オフィシャルサイト

北九州フィルムコミッション