展示イベント案内

企画展示

2018年8月4日〜11月15日
原型師の世界 岩倉圭二展

北九州市出身・在住のフィギュア原型師である、岩倉圭二氏のお仕事について、展覧会を開催いたします。岩倉氏はこれまでに、『ONE PIECE』や『ドラゴンボール』などの人気漫画・アニメ作品だけでなく、『バットマン』『ミュータントタートルズ』など海外の映像作品まで幅広いキャラクターのフィギュア原型を手掛けてきた人気原型師です。

キャラクターフィギュアは、漫画やアニメなど普段は二次元=平面の世界で親しんでいるキャラクターたちが、三次元=立体の形をとって現われ、それを身近に飾って楽しめるという点で、ファンに大きな喜びを与えるものです。ファンのイメージを三次元に具現化するためには、優れた造形センスと、細やかな手仕事が必要になります。

今回の展示では、岩倉氏の手仕事の技の冴えをご覧いただくとともに、おなじみのキャラクターフィギュアだけでなく、最新技術を駆使した3D-CGアニメーションや、博多人形の技法で仕上げた陶製オブジェなど、「原型師」の仕事の豊かな可能性についてもご紹介しております。岩倉氏に続く新たな才能が「原型師」を目指される上でいい刺激になることと思います。

会期中には、岩倉圭二氏の指導による粘土造形ワークショップも開催いたします。ぜひふるってご参加ください。⇒ワークショップの詳細はこちら

原型師の世界 岩倉圭二展

会  期:2018年8月4日(土)~11月15日(木)

会  場:北九州市漫画ミュージアム 6階 常設展示エリア「あしたのギャラリー」

観 覧 料:常設展観覧券または年間パスポートが必要

展示内容:
1.岩倉圭二 × 漫画
岩倉氏が手がけたキャラクターフィギュアを“ほんの一部”ですがご紹介!

2.岩倉圭二 × CGクリエーター 堀江弘昌
岩倉氏の粘土原型を元に進行中の3D-CGアニメーション作品の最新情報です!

3.岩倉圭二 × 伝統工芸士 小野保徳
岩倉氏の粘土原型から、博多人形の伝統技法による陶製オブジェが誕生!

主  催:北九州市漫画ミュージアム

企画協力:株式会社ラッドスタッフ

協  力:株式会社ホリスタジオ、人形工房 保徳

特別協力:岩倉圭二

~・~・~・~

◆岩倉圭二(いわくら・けいじ)
北九州市出身・在住。1994年よりフィギュア原型師となる。人気アニメ「ONE PIECE」をはじめ、「ドラゴンボール」、「ジョジョの奇妙な冒険」「NARUTO」等、数多くのフィギュア原型を担当。海外の作品・キャラクターでは「バットマン」「ミュータントタートルズ」「FCバルセロナオフィシャルフィギュア」パイレーツオブカリビアン」等のフィギュア原型を手がけた。今までに商品化された原型数は100体以上。

◆原型師(げんけいし)
大企業が生産し全国に流通するものから、造形作家が個人で制作しイベントで手売りするものまで、多種多様なキャラクターフィギュアがありますが、根幹の部分はみな同じ。①元になる造形作品「原型」を造形用粘土などで作成し、②その原型をシリコンなどで型取りして、③その型に樹脂などを流し込んで固めて①の複製を作るのです。

この原型を手がける造形作家が「原型師」で、特定の企業に所属することもありますが、多くはフリーランスで活動し、企業の依頼を受けて原型を制作します。1980年代ごろから注目されるようになり、岩倉圭二氏も多くの先輩原型師の仕事に触発されて、この世界に入りました。

複雑なポーズのフィギュアだと、全身を一回では型取りできず、いくつかのパーツに分解するなどしますから、原型は基本的には保存されず、複製・彩色された商品が原型師の「作品」として残っていきます。あなたの部屋に飾ってあるフィギュアも、原型師が粘土で一から作り上げた「作品」なのです。

  • お得で楽しい年間パスポート!
  • 団体見学申込書
  • フロアマップ
  • 交通案内
  • 万5冊から探そう!蔵書検索
  • 国際漫画大賞