ひとことブログ

2022年06月04日
(392)4コマ漫画のコンクール 募集へ 「ジャンプ」をテーマに

★過去記事のアーカイブ掲載になります。各種情報は新聞掲載時点のものです。★

連載コラム『出会い 探検 漫画ミュージアム』第392回

『西日本新聞』北九州版 2022年5月29日(日)朝刊 14面掲載

4コマ漫画のコンクール 募集へ
「ジャンプ」をテーマに

 今年も「北九州国際漫画大賞」の季節になりました。シンプルな4コマ漫画の形式に限定して作品を募り、「大賞」(賞金30万円)など各賞を差し上げるもので、小学生までの「ジュニア部門」と、応募資格を問わない「一般部門」に分かれています。

 作品には課題テーマがあり、昨年は「食べる」。食事や料理をストレートに描くだけでなく、人間以外の動物や妖怪の「食べる」や、「仕事で生計を立てる」という意味の「食べる」など、解釈はさまざま。海外からの作品募集にも力を入れており、日本を含め全部で22カ国・地域から1271作品が集まりました。

 海外作品から選ぶ「海外部門賞」は、パクヒウォンさん(韓国)の「じゃがいもの逸脱」が受賞しています。ジャガイモの皮をピーラーでむく見慣れた場面を、海水浴に結び付ける意外性。イモに服を着せるのでなく、皮をむいた所が逆に水着になるという細やかな工夫。シンプルで分かりやすいが、柔らかで温かみのある描線と色彩。総合的に高く評価されての受賞です。

 さて今年のテーマですが、「ジャンプ」です。物理的に飛んだり跳ねたりするのか、それとも「成長」や「躍進」の比喩と捉えるのか。自由な発想で、審査委員を驚かせてください。

 昨年までの松本零士先生に代わり、審査委員長にわたせせいぞう先生が就任。うえやまとち先生、萩岩睦美先生、講談社『モーニング』編集部の田渕浩司さんと共に、皆さんの力作をお待ちしています!

(専門研究員 表智之)

=LINK=
「北九州国際漫画大賞」公式サイト